ポケダンでとことん育成を楽しむ暇人のブログ

発売から10年以上経つ「ポケモン不思議のダンジョン」で、未だにポケモンの育成を楽しんでいるブログ主が、ポケダンについて色々と語るブログです。基本的にポケダン空をメインにやっています。

【ポケダン時闇空】Lv1ダンジョン最強・☆ランクポケモン徹底解説!【うんめいのとう・ゼロのしま なんぶ】

f:id:natsumikan_723kan:20210414221036p:plain

こんにちは。なつみかんです。

ブログをサボっていたせいでPV数がガタ落ちしていましたが、フワライド育成日記を公開した日から少しずつ回復し始めました。いやなんでだよ。

こんなブログ書いてる本人が言うのもなんですが、みなさんポケダン好きすぎませんか。

ともかく、ポケダンが完全に廃れる日はまだまだ来ないみたいです。

 

さて、本日もポケダン空関連のネタですが、いつもの育成日記とはひと味違った内容です。

今回注目するのは「Lv1ダンジョン」について。

先日、カクレオン運命の塔の新たなクリア者が出たことでますます盛り上がっているLv1ダンジョン界隈ですが、今回は初心者向けにおすすめのポケモンを解説・比較していこうと思います。

 

 

ポケダン最大のやりこみ要素・Lv1ダンジョンについて

このブログでは普段、育成要素を中心に取り上げていますが、ポケダンのやりこみ要素は育成だけではありません。

それは「Lv1ダンジョン」です。

 

Lv1ダンジョンはその名の通り、Lv1・賢さや技も初期状態からのスタートになります。

持ち物やタマゴ技の持ち込みも不可能なので、アイテム運と立ち回り、ポケモンの素の性能での戦いとなります。

育成すると強いポケモンがLv1ダンジョンでは弱い…そんなことは少なくありません。

例えばこのブログで幾度となくおすすめしている「ジラーチ」は、Lv1ダンジョンだとあまり強いとは言えない感じの立ち位置ですし、「ムウマ」もうーん…って感じの立ち位置です。

このように、同じポケダンでも育成前提のダンジョンとLv1ダンジョンでは、ほぼ別ゲーと言ってもいいレベルの違いがあります。

 

探検隊におけるLv1ダンジョンは大きく分けて2つ。(ゼロ東・ゼロ西は仕様が特殊なのでここでは除外します)

1つ目は「ゼロのしま なんぶ」。クリア後シナリオで「しんぴのもり」を突破すると登場するダンジョンです。

探検隊で初めて登場することになるLv1ダンジョンで、最深層はなんと探検隊最長のB99F

名前の仰々しさと「Lv1スタート」「リーダーのみの入場」「道具の持ち込み不可」という条件の厳しさから、初心者は入るのも躊躇してしまうようなダンジョンです。

難易度も非常に高く、事前情報無しでクリアできたプレイヤーはほぼいないのではないでしょうか。

 

そんなゼロのしま なんぶですが、ジラーチの最強専用道具「ねがいのはごろも」や、深層の店で「ぱっちりメガネ」「わなぬけスカーフ」といった育成でも重宝される道具が入手できるので、ポケダンをやりこむなら避けては通れない道です。

「ふっかつのタネ」やわざマシンが道中で入手可能なので、適正が高く強いポケモンを使って慣れていけば安定してクリアできるようにもなります。

ポケダン初心者は、まずこのダンジョンをクリアできるように練習しましょう。

 

2つ目は「うんめいのとう」ポケダン空のみに登場する究極のLv1ダンジョンです。時闇には登場しません。

解放条件は「パッチールのドリンクスタンドのあたりで稀に出現」なので、空をやっているプレイヤーですら存在を知らない人もいるのではないでしょうか。

登場ポケモンはゼロのしま なんぶとほぼ変わりありませんが、こちらには「ふっかつのタネ」の出現がありません。一切のミスが許されない、シビアなダンジョンです。

その上、技マシンも店以外で出現しないので、素の能力での戦いになります。習得技が乏しいポケモンだと、終始苦戦を強いられることになります。

さらに、「罠チェック」がほぼ出来ません。踏むまで罠があるかどうか分からない上に、ポケダン空新規追加の罠「おんねんスイッチ」も登場するので、常に気が抜けないダンジョンです。

これらの要因から、「うんめいのとう」はポケダンシリーズ最難関、と言われています。(マグナゲートのDLCダンジョン「究極の荒野」が最難関、という説もありますが、あれはただの運ゲーなので除外します。どたんばふんばりいあつかんどたんばふんばりいあつかんどたんばふんばりいあつかん

しかし、クリアした時の達成感は他のダンジョンと比べ物になりません。クリアしないと見られないイベントもあるので、ポケダンのファンならクリアしておきたいダンジョンです。

 

☆ランクポケモンについて

先述したとおり、Lv1ダンジョンには攻略に向いているポケモン・不向きなポケモンが存在しています。

先人たちの手によって、初期技やレベル習得技・能力の伸び・特性から、全てのポケモンにランク付けが行われています。

 

ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊wiki/ランク別ポケモンリスト↓

https://wiki.grovyle.net/pokedun3/index.php?%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E5%88%A5%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

 

この中で、特に評価されているのが☆ランクの5体のポケモンです。

・フワライド

フワンテ

ミカルゲ

ムチュール

ロトム

もちろん、これらのポケモンを使ったからといって確実にクリアできるわけではないですが、他のポケモンと一線を画す特性・能力を持っているのがこの5体です。

この記事ではLv1ダンジョンの詳しい立ち回り方は解説しませんが、☆ランクのポケモン達について解説・比較していきます。

 

最強アタッカー「フワライド」&「フワンテ

「フワライド」「フワンテ」に関しては進化前・進化後でほぼ同じ性能なので、同時に紹介します。

フワライドは過去に育成日記でも紹介しましたが、Lv1ダンジョンでも強力です。

pokedanikusei.hatenablog.com

 

長所① 「かるわざ」による圧倒的な攻撃力・回避力

フワライドの最大の特徴はなんといっても特性「かるわざ」です。

かるわざは「道具を装備していないとき、通常攻撃や技が2回になる」というぶっ壊れ効果。

序盤から終盤まで、どんな敵でも圧倒的な火力で蹴散らして進むことが出来ます。

スピード感は他の☆ランクと比べても圧倒的で、一度使うとクセになる使用感です。

 

「かるわざ」の適用は攻撃技だけでなく、補助技にも行われます。

特に【ちいさくなる】との相性がよく、1ターンで回避を2段階上昇させることが可能なので、序盤の安定感は非常に高いです。

 

長所② 充実した初期技のラインナップ

フワライドの初期技は【からみつく】【ちいさくなる】【おどろかす】【かぜおこし】の4つ。フワンテの場合は【おどろかす】【かぜおこし】の習得が遅めですが、序盤のうちに習得可能です。

【おどろかす】【かぜおこし】の2つの安定したタイプ一致技を初期習得しているので、序盤から高い火力を発揮することが可能です。

【ちいさくなる】は前述の通りかるわざと相性が良く、探索の安定感を高めてくれる強力な補助技です。PPを切らせたくない、必須の技です。

【からみつく】は確率での鈍足効果が優秀な技です。タイプ不一致なので火力は劣りますが、かるわざで十分カバー可能です。

 

初期習得の技以外では、不安な耐久を底上げしてくれる【たくわえる】や、Lv31と終盤で習得できるかもしれない【あやしいかぜ】が強力ですね。

他に欲しい技はありませんが、初期技で最後まで行けちゃう十分なラインナップです。かるわざも相まって、PP消費も抑えられるので序盤のLv上げも快適にできるのがメリットです。

 

注意点

抜け目がない性能で、体感できるレベルで強力なポケモン・フワライドですが、もちろん短所も存在しています。

 

1つ目は防御・特防のステータスは低い、ということ。

初期ステータスはHP31、攻撃16、防御9、 特攻16、特防9、と防御面がかなり脆いです。

かるわざが強いからといって調子に乗っていると、効果抜群技を食らって即死します。

スピード感がある攻略ができるので、ついつい立ち回りが疎かになりがちですが、中盤以降は即死のリスクが常に付きまとっているので注意しましょう。

 

フロア毎に必ず【ちいさくなる】を2回~3回積んでから行動すると安心です。

それでも中盤以降は1発もらうだけでピンチになるので、攻撃されない立ち回りを心がけましょう。

特に中盤に登場する「マニューラ」は超危険です。効果抜群・タイプ一致の必中技【だましうち】は、回避率の上昇効果を無視する重い一撃。場合によっては即死します。見かけたら速攻で対処するか、逃げるかしましょう。

 

2つ目は装備品が使えない、ということ。

かるわざのメリットは「道具非装備」という簡単な発動条件ですが、裏を返せば装備品が使えない、ということになります。

Lv1ダンジョンにおいて装備品は強力です。「みとおしメガネ」「みきりハチマキ」などは装備するだけで難易度がガラッと変わるほど重要なアイテムですが、装備すると「かるわざ」のメリットを受けられなくなってしまいます。

 

装備するとしたら「あしらいスカーフ」「ワープスカーフ」ぐらいでしょうか。その他のアイテムは装備しないほうがいいと思います。

 

確かに強力ですが、非常に特殊な性能のポケモンなので、どちらかと言えば中級者向けです。

初心者が扱えるかと言われると微妙。序盤はまだしも、中盤以降が初心者には厳しいと思います。

 

立ち回り

とにかく【ちいさくなる】を毎フロア詰むことを意識しましょう。

中盤以降は防御力不足が顕著になるので、かるわざがあるからといって油断は禁物です。

立ち回りを気をつければ攻撃性能はトップクラスで、レベルの上げやすさや相手できる敵の範囲は非常に優秀なので、簡単にクリアできると思います。

 

圧倒的安定感「ミカルゲ

ミカルゲ|ポケモンずかん

ネットのオモチャ、ミカルゲです。

鳴き声の「おんみょーん」のインパクトが強すぎるあまり、ダークライ同様ネタ扱いされていますが、ポケダンではストーリーにも登場する、出番の多いポケモンです。

 

長所① 圧倒的な初期能力・優秀なタイプ

こいつのヤバいところは圧倒的な初期ステータスです。

HP45、攻撃40、防御35、特攻40、特防35と、初期から中盤~終盤でも通用するようなステータスです。

Lv1ダンジョンの難関である序盤も、圧倒的なステータスで敵を蹴散らして進むことができるので、フワンテやフワライド同様に非常に安定します。

 

タイプはあく・ゴースト。この時代にはフェアリータイプが無いので、弱点は存在しません。

☆ランクのポケモンは中盤のポケモン(主にマニューラ)に弱いポケモンが多いですが、ミカルゲは弱点を突かれることがないので中盤以降も強気に立ち回ることが可能です。

 

長所② 優秀な技範囲

☆ランクはどのポケモンもそうですが、技がとにかく優秀です。

初期技は【うらみ】【のろい】【かげうち】。

【かげうち】は高命中・高PPでタイプ一致、しかも2マス技です。非常に優秀。

その他の初期技は微妙ですが、Lv2で習得する【あやしいひかり】、Lv7で習得する【だましうち】があれば技に困ることはありません。

 

 【あやしいひかり】はポケダン最強クラスの状態異常・混乱を付与する非常に優秀な妨害技です。

Lv1ダンジョンではLv上げ・逃げる場面・ピンチの場面など、どんな時でも使える汎用性の高さが売りです。

【だましうち】は高PP・必中・タイプ一致の優秀な正面技です。

特性「よちむ」持ちのポケモン以外に外すことはないので、命中を下げてくる相手の多いLv1ダンジョンでは非常に信頼できる技ですね。

 

注意点

序盤から終盤まで隙が無く、非常に優秀な性能のポケモンですが、必要経験値が異常なほど多く、ステータスの伸びも悪い、という欠点があります。

初期値が高いのでそれほど大きな問題ではありませんが、他のポケモンを使った後でこのポケモンを使うと、どれくらい経験値を稼げばいいのかわからなくなりがちです。

序盤からステータスが高いから、といって即降りを繰り返していると、いくら初期ステータスが高いとはいってもステ不足に陥ってしまいます。

初心者でも比較的扱いやすく、オススメできる性能ですが、基本的な立ち回りは怠らないようにしましょう。

立ち回り

【だましうち】習得までが勝負です。必要経験値は高いですが、しっかりとレベル上げは行いましょう。

優秀なポケモンなので基本を怠らなければどのポケモンよりも安定すると思います。

 

必中技すら回避する最強特性持ち「ムチュール

ムチュール|ポケモンずかん

進化するとこれまたネット上でネタ扱いされてしまうポケモン、まさこの進化前です。

可愛らしい見た目のベイビィポケモンですが、Lv1ダンジョンでは見た目とは裏腹に大活躍してくれます。

 

長所① 激ヤバ特性「よちむ」

こいつの最大の特徴は特性「よちむ」です。

よちむの効果は「一定確率で攻撃を回避する」というもの。シンプルですが、これが非常に強力。序盤に登場するスリーパーと同じ特性、と説明すればそのヤバさがわかると思います。

体感半分くらいの確率で敵の攻撃をかわしてくれます。どういう調整だよ

命中率の低い技はほぼ当たらなくなるので、【みだれづき】【みだれひっかき】などの危険な連続技へのリスクが大きく下がります。

なんと、【だましうち】などの必中技もかわしてしまうので、この特性のおかげで命拾いする、ということも多いです。

「あしらいスカーフ」「みきりハチマキ」との相性が良く、装備すればダメージをほぼ受けることのない、とんでもない回避力を得てしまいます。非常に強力な特性です。

 

長所② 早熟なステータスとやはり優秀な技範囲

初期ステータスはHP30、攻撃12、防御12、特攻10、特防10と並のポケモンと似たようなステータスですが、

序盤は1Lv上がると全能力が2~3上昇し、その後もしっかり全能力1以上は伸びてくれます。

必要経験値も少なく、Lv1ダンジョン向きな早熟の性能なので優秀です。

 

技範囲も☆ランクだけあって優秀。

初期習得は【はたく】だけですが、Lv5で【したでなめる】、Lv8で【てんしのキッス】、Lv11で【こなゆき】、Lv15で【ねんりき】を習得します。

 

【てんしのキッス】は【あやしいひかり】同様、混乱を付与する優秀な妨害技です。

「よちむ」の回避性能の高さと相性が非常に良いです。

 

【こなゆき】は【ぎんいろのかぜ】【あやしいかぜ】に並ぶ、ポケダン最強部屋技の一つです。

部屋技にも関わらず高命中・高PPで、こおりタイプなので無効化されることがないのが強みです。

 

【ねんりき】はタイプ一致の正面技、ムチュールのメインウェポンです。

Lv15でこれを習得してしまえば、最後まで戦えるのが強みですね。

 

注意点

とにかく弱点が多いです。

4倍弱点(ポケダンでは1.96倍)はありませんが、いわ・むし・ゴースト・はがね・ほのお・あくタイプの6タイプが弱点となっています。

敵から攻撃を受けることは少ないポケモンではありますが、一度の攻撃が致命傷にもなりやすいポケモンです。戦っていい相手・戦ってはいけない相手をしっかり判断して、慎重に立ち回りましょう。

「よちむ」は強力ですが、過信してはいけません。

 

立ち回り

序盤はB15FまでにLv15に到達することを意識してLv上げしましょう。

中盤以降は先述の通り、戦うべき相手と戦ってはいけない相手を分けて、【てんしのキッス】や道具をフル活用して立ち回りましょう。

 

☆ランクですが、ステータスの伸びは主人公候補ポケモンに近く、良くも悪くもクセが無いため基本的な立ち回りが強く要求されるポケモンなので、初心者にはかなりオススメできるポケモンです。

Lv1ダンジョンに潜るならまずはこのポケモンで練習してみましょう。

 

使いこなせば万能、テクニカルタイプ「ロトム

ロトム|ポケモンずかん

逆張りによってなぜかこのブログでは育成日記が作られないポケモン、「ロトム」です。

 

育成難易度や技範囲はロトムのほうが優れているのに、「メス補正がない」というただ一点だけで育成日記を書いてもらえないロトム

育成しても十分優秀ですが、Lv1ダンジョンでも非常に優秀です。

 

強い点① 万能すぎる壁抜け移動

ロトムの移動タイプは「通過」。このブログでは周回に悪用利用されているため、なにかと出番の多い壁抜けですが、Lv1ダンジョンにおいても非常に優秀です。

さすがに体力も少ないし回復手段も少ないので、ゼロ北周回のようにずっと壁を抜けて移動するようなことはできませんが、ピンチの時やモンハウなどで壁の中に入ればとりあえず安全確保できるのは優秀です。

通過移動のポケモンはちょっとした角でショートカットしたり、攻撃が角抜けできるようになるので、上手く使えば一方的に攻撃したり、敵から距離を離したりすることも可能です。

 

使い手のスキル次第で無限の可能性を秘めているのが通過移動です。Lv1ダンジョンで通過スカーフは入手出来ないので、通過移動は大きな個性と言えます。

 

強い点② 早熟型のステータス・優秀な技範囲

今まで解説してきた☆ランクポケモン同様、ステータス・技範囲はやはり優秀です。

初期ステータスはHP44、攻撃12、防御8、特攻15、特防10と並のポケモンと同等ですが、「ムチュール」のような早熟タイプで、Lv5~Lv15は全能力が2ずつ上昇するので、ステータスは優秀です。

初期技は【おどろかす】【でんきショック】【でんじは】とタイプ一致技も完備、Lv2で【あやしいひかり】、Lv8で【さわぐ】、Lv15で【かげぶんしん】を習得します。

Lv8の【さわぐ】、Lv15の【かげぶんしん】は選択です。前者は危険な睡眠技の対策となり、後者は回避率を上げるので生存性能の向上に貢献してくれます。個人的には汎用性の高い【かげぶんしん】のほうがオススメ。

 

注意点

操作ミスすると4にます。

壁の中に入るとおなかがごっそり持っていかれるので、操作ミスしまくると空腹であの世行きです。

集中してプレイすればなんとかなるでしょ、と思うかもしれませんが、慣れないうちはこれが案外難しい。

壁抜けを使いこなせばトップクラスに強いポケモンですが、プレイヤーによっては序盤の安定感が最悪になってしまうポケモンです。

PS(プレイヤースキル)に強く依存するので、初心者には全くオススメできないポケモンです。

 

立ち回り

壁抜けを最大限に活用して立ち回ってください。

基本の立ち回りはもちろん、壁抜けを使いこなせるPSが必要です。

繰り返しますが、☆ランクの中ではトップクラスに扱いの難しいポケモンです。

使い手の腕があって☆ランクになるポケモンなので、初心者が使えるようなポケモンではないです。くれぐれも勘違いしないように。

 

まとめ

ここまで、☆ランクのポケモンについて解説してきました。

では、どのポケモンを使えばいいのでしょうか?私はこのように考えています。

・初心者はミカルゲ&ムチュールがオススメ!

・基本的な立ち回りを勉強するならムチュール

・攻略スピードを重視するならフワンテ&フワライド!

・腕に自信があるプレイヤーはロトムがオススメ!

こんなところです。

自分にあったポケモンを見つけて、Lv1ダンジョンに挑戦してみてください。

 

指摘・感想等あればコメント欄にどうぞ!確認次第私も返信しています!

 

ブログへの質問・リクエストは「マシュマロ」へどうぞ! ↓

marshmallow-qa.com

 

ブログに関することも告知しているtwitterです!是非フォローをよろしくお願いします!↓

twitter.com

 

装備を持たせないのはもう古い?倍速周回リーダー型「フワライド」【ポケダン空育成日記#6】

f:id:natsumikan_723kan:20210318112844p:plain

こんにちは。なつみかんです。

新生活に移行して一週間が過ぎました。

最近は忙しかったし、ポケダンへのモチベも皆無だったのでしばらくお休みしていましたが、

ついにPV数が100を切り始めたし、まーーーたコロナの感染爆発が起こり始めたせいで暇になったので、ぼちぼちブログを再開しようと思います。

 

今回はマシュマロでも質問があったフワライド回です。お待たせしました。

ちなみに「マシュマロ」の質問は確認次第twitterで返信しています。月末にまとめてブログでの回答も行うので、詳しい解説に関しては月末をお待ちください。

ポケダンに関係ない質問でも受け付けるので、メッセージよろしくお願いします...。

 

フワライドの性能について

「フワライド」はポケダン空最強ポケモン

ポケダン空をやったことがあるなら、誰もがそう思うはず。

 

フワライドの最大の武器は特性「かるわざ」

装備を持っていないときに、技や通常攻撃が2回発動するようになるという頭のおかしい効果です。

同じような効果を持つ特性として「ようりょくそ」がありますが、あちらが「ひざしがつよい」状態限定の発動に対して、

かるわざ」は装備非所持、というだけで簡単に発動するので、恩恵を簡単に受けることができます。

攻撃技だけでなく、補助技や妨害技も2回発動するので、攻守ともに隙のない特性だといえます。

 

【あやしいかぜ】【ぎんいろのかぜ】を同時習得する上に、

シャドーボール】【10まんボルト】などの直線技・周囲技も完備、

補助技として優秀な【ちいさくなる】【たくわえる】も習得するので、技範囲も非常に優秀です。

【ちいさくなる】で回避率を積んで、【あやしいかぜ】と【ぎんいろのかぜ】を連射すれば、あのカクレオンだって怖くありません。

 

「うんめいのとう」や「ゼロのしま なんぶ」でもかるわざは優秀。

序盤から終盤まで、強敵をバッタバッタなぎ倒せるので爽快です。あのテンポ感に慣れると他のポケモンが使えなくなってしまう、そんなレベルです。

Lv1から【からみつく】【ちいさくなる】【おどろかす】【かぜおこし】を習得しているので、最初から最後まで技に困ることもありません。

防御力は低めですが、【ちいさくなる】をしっかり積むことでカバー可能です。Lv1ダンジョンでも攻守共にスキのない、最強ポケモンの一角だといえます。

 

このように「かるわざ」と両風の圧倒的な攻撃力に目がいきがちなフワライドですが、

当然私は「無難なフワライド」を紹介する気はありません。

もちろんかるわざは強力ですが、それはポケダン空において周知の事実。そんなことを紹介しても面白くないでしょ?

私が今回注目するのは「周回リーダー」としてのフワライドの可能性についてです。

 

フワライドは「かるわざ」以外にも大きな長所が2つあります。

1つ目はかしこさグループがGであること。

このブログの読者ならお馴染みだと思いますが、これは非常に大事です。

かしこさグループGは「ムウマ」「ベロリンガ」と同じかしこさグループ。

【くうかんはあく】(マップ構造の表示)、【カンがいい】(大まかな階段の方向の表示)、【しりょくじまん】(罠の無効化)といった、周回において必須の能力が揃っています。

【てがはやい】も習得するので、ちょっとした戦闘でも技を使わず突破できるのは非常に優秀です。

これらの能力を共存できるのはグループGだけなので、周回においては必須です。

 

2つ目はひこうタイプであること。

かしこさグループG、というだけならムウマベロリンガなど、他のポケモンでも良いのですが、フワライドは「ひこうタイプ」という大きな長所を持っています。

ひこうタイプの専用道具「スカイジェム」は、はれ(通常天候)下で倍速になるという非常に優秀な効果です。

 スカイジェムとつうかスカーフを組み合わせれば、「ダークライ育成日記」で紹介した「常時倍速+壁抜け」周回が可能です。

これが今回の育成のコンセプトです。

 

技構成・育成のコンセプトについて

f:id:natsumikan_723kan:20210412022137p:plain
f:id:natsumikan_723kan:20210412022141p:plain

育成のコンセプト:倍速周回リーダー型

技:【あやしいかぜ・ぎんいろのかぜ・ねむる・みがわり】

かしこさグループ:G

性別:メス

育成の意図

今回も、ゼロ北周回のリーダーを目指して育成しました。

前回「ダークライ」の周回リーダーとしての可能性を追求しましたが、それを踏まえて育成しています。

 

ゼロ北周回の基本については以下の記事を参照してください。

 

pokedanikusei.hatenablog.com

「倍速式周回」は、壁抜けに加えて「常時倍速」を採用することで、ほぼ攻撃を受けることなく、効率と安定性を両立してゼロ北を突破できる、という周回法です。

ダークライでは常時倍速をかしこさ「じかんだんそう」によって実現していましたが、今回利用するのは先述した「スカイジェム」です。

カイジェムによる倍速効果によって、安定性と効率を確保できるので、ある程度ステータスも妥協できて、

優秀な技範囲で戦闘やカクレオンの対処も楽に行える、というのがフワライドの強みですね。

 

技構成

 【あやしいかぜ】【ぎんいろのかぜ】は必須です。MHや囲まれた場面で使用します。

フワライドは両風を習得するので、PPを気にせず部屋技を連射できるのが非常に優秀です。

 

【ねむる】はベロリンガ同様、空腹ダメージを回復するための技です。これも必須。

【ねむる】は今回の育成コンセプトにおいて必須の技です。

壁抜けしていると空腹状態になってダメージを受けるようになりますが、 【ねむる】を使用するとHPが全回復するので、ジラーチ同様これを無視することができます。 PPが8しかないので、毎フロア回復することはできませんが、 HPが0になるギリギリまで粘ってから使用すれば、 PPMAXを持ち込まなくても十分ゼロ北40Fまで到達できると思います。

真のポケダン空最強周回ポケモン!?ゼロ北周回特化リーダー「ベロリンガ」【ポケダン空育成日記#4】 - ポケダンでとことん育成を楽しむ暇人のブログ

 

【みがわり】はポケダンにおいて最強クラスの妨害技。

カクレオンを回避したり、逃げプの補助として利用します。

【ちいさくなる】や【10まんボルト】もこの枠の候補になりますが、

前者はフロア毎に積む必要があり、後者はゼロ北周回において「戦闘」すること自体がロスになるので、【みがわり】で十分だと思います。

 

フワライドを仲間にする方法

進化前の「フワンテ」は「てんくうのかいだん」の31~49F、「フワライド」は「かぜのれいほう」で勧誘可能です。

「かるわざ」は味方になると心強い特性ですが、敵に回すと非常に厄介です。

生半可なポケモンで戦うと返りうちに合う可能性があるので、しっかりと準備して勧誘に挑みましょう。「ゆうばく」も所持しているので、倒したあとも注意が必要です。

タマゴ技は【くろいきり】が優秀ですが、【みがわり】で十分なので勧誘でいいと思います。

 

他の壁抜け周回リーダーと差別化できるポイント

壁抜けリーダーとして優秀なのは「ベロリンガ」「ジラーチ」ですが、これらのポケモンと比べてフワライドは「部屋技を習得できる」ことと「常時倍速」が優秀です。

 

常時倍速は他の周回ポケモンにはできない芸当で、フワライドを使う最大のメリットです。

敵から逃げることが基本となるゼロ北周回においては、常時倍速はやはり優秀。泥棒時も倍速で追ってくるカクレオンに対して安全に対処することが可能です。

常時倍速が可能なポケモンとして、前回紹介した「ダークライ」が存在しますが、かしこさグループGであることを考えるとやはりフワライドのほうが優秀です。晴れ天候以外では倍速が解除されるので、そこは注意が必要ですが…。

 

「部屋技」ジラーチベロリンガが習得できないので、これもフワライドの長所の一つです。

戦闘は基本避けた方がいいのは事実ですが、敵に囲まれた場合やMHではそうも言ってられません。そんなときに部屋技で敵を一掃できるのは便利です。

フワライドは両風を習得するので、PPを気にせず連射可能で非常に優秀です。

 

ひこうタイプのかしこさグループGには「ガーメイル」も存在しています。

あちらは「スカイジェム」だけでなく、「ガードジェム」(晴れ時むしタイプ状態異常無効)の恩恵も受けられるので、防御面ではガーメイルに軍配が上がります。

 

しかし、フワライドには「かるわざ」があることを忘れてはいけません

普段はつうかスカーフを装備して、いざというときは装備を解除すれば、1ターンに2回部屋技できるバケモノの完成です。

防御のガーメイル、攻撃のフワライド、というように、好みに合わせて周回リーダーを選びましょう。

 

周回に必要なアイテム・立ち回りについて

基本はジラーチ式やベロリンガ式のゼロ北周回と同じですが、軽く解説しておきます。

 

使用するポケモン・道具

・フワライド

・スカイジェム

・通過スカーフ

・みとおしメガネ

・カギ

・あなぬけのたま

・ふっかつのタネ

 

カイジェムの入手方法

カイジェムは、「そらのパウダー」「そらいろシフォン」を揃えて、グレッグルトレード店で交換することで入手が可能です。


①そらのパウダーを入手する
持っていない場合は、パスワードでササッと入手してしまいましょう。

 

依頼主:コイル ワタッコをたいほする クレバスのどうくつB9F
JK+FY 2%MJ43M NJ#S-
9PJ== F6RH7=7 PT9N6
↑このパスワードの依頼で入手可能です。ふしぎなメールSに入力してください。

 

②そらいろシフォンを入手
ゼロのしま ほくぶのB13Fの鍵部屋で入手可能です。鍵が必要。
フワライドを育成できるなら簡単に入手できるはず。ジラーチで壁抜けするなり、パワーで突破するなりして入手しましょう。

 

グレッグルのトレード店でスカイジェムをトレード
この2種の専用道具を揃えると、「スカイジェム」がグレッグルのトレード店に出現します。トレードしてください。

 

立ち回りについて

前述の通り、基本はジラーチ式やベロリンガ式と同じ。

通過スカーフを装備して、B40Fまで壁の中をずっと移動し続け、

B40Fのカギ部屋で幸せの種を回収してからあなぬけのたまで脱出することで、

安全かつ効率の良い探索が出来る、というものです。

フワライドの場合は晴れ天候であれば常時倍速なので、敵を完全に無視して行動することが可能です。

ヤバくなったら通過スカーフを外して、かるわざが発動した状態の部屋技で蹂躙するのもアリです。

 

ベロリンガ式同様、もちろん自動回復がないので、

HPが減ったら適宜【ねむる】を仕様して回復しましょう。

 

他はジラーチ式と全く同じなので、また「最強育成法」の記事から引用します。

 

f:id:natsumikan_723kan:20210102223558j:plain

ゼロ北ではB6F以降の3の倍数のフロア(B6F,B9F,B12F,B15F...)にしか「カクレオン商店」が出現しません。

 

3の倍数のフロアでの商店の出現率は高く、ドーピングアイテムを販売していることが多いので、

3の倍数のフロアでは最初に「みとおしメガネ」を装備して店があるかをチェックしましょう。

f:id:natsumikan_723kan:20210102223513p:plain

 

壁通過を駆使すれば簡単かつ安全に泥棒ができるので、店が見つかればドーピングアイテムも大量に稼ぐことができます。

 

ただし、店で「しあわせのタネ」を入手した場合は注意。

B40Fのカギ部屋で「しあわせのタネ」をバッグに所持したままカギを開けると、カギ部屋の中身がすべて「ふっかつのタネ」に変化してしまいます。

B40F以前でしあわせのタネを入手した場合は、必ずバッグのしあわせのタネを地面に置いてからカギを使用するようにしましょう。

 

B40F以降は敵も強く、あまり良いアイテムが落ちていないので、B40Fで幸せの種を回収してさっさと帰ることを推奨します。

【ポケダン空】効率よくポケモンを育てる最強育成法! - ポケダンでとことん育成を楽しむ暇人のブログ

 

 

育成した感想

育成した感想ですが、「周回の完成形」って感じがします。

ベロリンガの「店出現率アップ」を考えなければ、フワライド・ガーメイル多分最速最強の周回リーダーだと思います。

 

ただ、ここまで来ると完全に作業です。

ジラーチ式の時から薄々気づいてはいましたが、「ひたすら敵をかわしてアイテムだけを集める」、そこにゲーム性はありません。

ここ最近の育成日記のテーマは「効率の良い周回」でしたが、ポケダンの育成本来の楽しさからは大きく外れてしまったように感じますね。

 

倍速壁抜け周回は非常に強力ですが、ポケダンのゲーム性を潰しかねないのでほどほどにしておきましょう。

 

まとめ

・フワライドは周回リーダーとしても優秀!

・スカイジェムによる常時倍速、2つの部屋技による複数の敵への対応力の高さが最強!

・非常に強力だが、ゲーム性の崩壊を招くので乱用には注意が必要!

こんなところです。

次回をどうするかは全く考えていません。多分ポケダン関連で何か書くと思いますが…。

 

指摘・感想等あればコメント欄にどうぞ!確認次第私も返信しています!

 

ブログへの質問・リクエストは「マシュマロ」へどうぞ! ↓

marshmallow-qa.com

 

ブログに関することも告知しているtwitterです!是非フォローをよろしくお願いします!↓

twitter.com

 

ポケダンのためだけに、2021年にwiiUを買おうか悩んでる話【ポケダン空】

f:id:natsumikan_723kan:20210329230707p:plain珍しく4日連続投稿していたなつみかんです。

引っ越し作業で忙しいのでこの記事は息抜きに書いてます。だから今日は普段のブログと違ってボリューム薄め。

ブログだしたまにはこういうのもいいかな―、って思いながら書き始めてます。

ちなみにフワライド育成日記は明日か明後日に上がる予定。引っ越し作業でかなり忙しいのでもしかしたら遅れるかもしれませんが、ご了承ください。

wiiUが欲しい理由:VC版ポケダン空がやりたいから

wii Uが欲しい!」

こんなことを2021年に言い出したら、異常だと思われるかもしれません。

Switch全盛期の今、わざわざ人気のないwiiUを買おう、という人間はたぶんいないと思います。

 

個人的にSwitchは正直うーーーん、って感じ。

最近はSwitchとPS4とPC同時リリース!みたいなタイトルが多いし、PS4持ってる私はわざわざSwitchでやらないかなぁ...って。

任天堂自社製のゲームは人気ですが、マリオやゼルダやあつ森はそもそもやらないし、スプラも苦手だし、ポケモンも飽きちゃったし...。やるゲームがないです。

 

「いや、救助隊DXやれよ!」って思われそうですが、私は救助隊DXそんなに好きじゃないので...。

だって救助隊DXが好きなら救助隊DXの育成日記がメインコンテンツになってるはずですよ?2021年にわざわざポケダン空やったりしません。

明らかに最新作やったほうがPV数稼げるだろうし、好きならそっちやってます。

 

というわけで、Switchは譲りました。そのかわりにwiiU買おうかな、って思ってるわけです。

理由はポケダン空のVCがあるから。

 

先日のマシュマロ質問返答でこんな質問に答えました。

f:id:natsumikan_723kan:20210326170546p:plain

Q.空のいただきのおくりもの周回もやっぱり微妙ですかね?後なつみかん氏はDS実機でプレイしてます?それともWiiUのVC?

A.そらのいただきのおくりもの周回は微妙です。プレイ環境はDS実機です。

「ヌケニン」に周回リーダーの道はあるのか?質問返答2021年3月版!【ポケダン空:マシュマロ質問募集#3】 - ポケダンでとことん育成を楽しむ暇人のブログ 

これに回答している時は「実機のほうがいいでしょ!」と思っていたのですが、

よくよく考えてみるととwiiUもありじゃね?と思ったわけです。

 

wiiUポケダン空のメリット

wiiU最大のメリットは「スクショが撮れる」こと。

私のブログのポケダンのスクショは全て直撮り。画質も悪いです。

f:id:natsumikan_723kan:20210305100053p:plain

iPhone12 miniというつよつよスマホを導入したおかげで、いくらかはマシになりましたが、

それでもスクショやキャプチャーした画面には画質が及びません。

 

wiiUには、一時停止中のゲーム画面のスクショをtwitterに投稿する機能があります。

Miiverseのように今後使えなくなる可能性もありますが、ポケダン空のスクショをSNS経由でシェアできるのは私にとってかなり魅力的です。

 

さらに、wiiU据え置き型ゲーム機なので、キャプチャーボードを購入すればスクショはもちろん、動画撮影や配信もできちゃいます。

キャプチャーボードは高価ですが、自分のプレイを見返したり、ブログで伝わりにくい部分を動画で解説できたりと、いろいろなことに使えそうだと思ってます。

 

3DSを改造してキャプチャーできるようにする「偽トロキャプチャ」もありますが、あれはキャプチャーボードと同じくらい高価で、販売してる業者もちょっと怪しいので手が出ません。

知り合いに偽トロで配信してる人がいますが、設定もめんどいらしいし、そもそも偽トロ作ってた会社は倒産してるので、うーーーんって思います。(今も偽トロ扱ってる会社はありますが、ちょっと素性がわかんないし怖いです)

キャプチャーボードを買えばwiiUに限らず、PS4などの他の据え置き型ゲーム機でも配信出来ちゃうので、偽トロ買うよりは安全でコスパも良いよな―、って思っちゃいますね。

 

魅力的なWiiUのタイトル達

wiiUはどちらかといえばあまり売れてない、黒歴史扱いされることもあるハードですが、魅力的なタイトルはいっぱいあります。

もちろん私がやりたいのはスプラやマリオメーカーではありません。

 

まずは当然ポケダン空。

サブROMもちょうど欲しかったし、ブログ運営のためにもwiiU版が欲しいです。

 

ロックマンエグゼシリーズ。

このブログの読者にはあまり馴染みの無いシリーズかもしれませんが、エグゼシリーズは名作。

奥深いバトルが楽しめて、今でもファン達によって非公式のネット対戦が盛んに行われているほど人気のシリーズです。

私は動画だけしか見たことないので、いつかやってみたいと思ってます。

product.rakuten.co.jp

ちなみにDS版はプレミア価格が付いていて、楽天市場ではなんと2万円。

中古も7000円とかするみたいです。やっばい。

 

マリオカート64

www.nintendo.co.jp

私が小学生のころ、友達の家でやった思い出のゲームです。

私はwiiやDSの世代の人間ですが、友達の家に何故か64があったのでよく遊んでいました。

64のマリオとマリオカートは操作感に慣れなくて下手くそでしたが、すっごく印象に残ってます。

 

…書き始めたら止まらなくなってきましたが、つまり何が言いたいかというと、

Wii Uは名作懐ゲーの宝庫です。

DSのゲームももう懐ゲー扱いかぁ、歳をとったなぁ...w

 

あと、wiiとの互換性もあるので、あの時代の懐かしいゲームができるのも魅力的ですね。

まとめ

wiiU欲しい!

wiiUのソフトラインナップは神!

そんなところです。

wiiUのVC版ポケダン空やってるよ!って人はぜひ感想をコメント欄で教えてください。購入の参考にします。

 

指摘・感想等あればコメント欄にどうぞ!確認次第私も返信しています!

 

ブログへの質問・リクエストは「マシュマロ」へどうぞ! ↓

marshmallow-qa.com

 

ブログに関することも告知しているtwitterです!是非フォローをよろしくお願いします!↓

twitter.com